beauty♡

 

こんにちは。今日は天気がいいですね~!

美容についてのお話をしていきます(^^)/

 

そもそも、リンパとはどういうものなのか?というお話です。

 

人間の身体には静脈を沿って「リンパ管」と呼ばれる管が無数にはりめぐらされています。

リンパ管の中を通っているのが「リンパ液」で、リンパ管の途中にありフィルターのような役割をするのが「リンパ節」です。

これらを総称して「リンパ」と呼んでいますが、リンパには大きく分けて「免疫」と「浄化」の2つの働きがあります。

体内を一方通行で流れ、酸素や栄養分を運び、からだの中の老廃物や余分な水分を回収するのが、「浄化」の働き。

リンパ液によって運ばれる体内のさまざまな不要物は、わきの下や鎖骨回り、足の付け根(そけい部)、ひざの裏などにある

リンパ節で浄化されながら、最終的には鎖骨にある太いリンパ管に合流し、静脈に注がれてさまざまな臓器を経由して尿や汗として

体外へ排出されます。

また、リンパは身体に悪影響を及ぼすウイルスや細菌などの異物を体外に排出してからだを守るためにも働くので、

病気に強いからだをつくる「免疫」という重要な役目も担っています。リンパ節の働きが悪いと、

老廃物や余分な水分の回収がうまくいかず、リンパ節を押したときに痛みが出たり、周囲がむくんで水太りのような状態になったりします。

このような状態が慢性化すると、免疫の機能も衰えやすく、風邪をひきやすくなったり、病気が治りにくくなったりします。

このように、リンパの「免疫」と「浄化」の働きはとても重要で。リンパの流れを改善してリンパ節の働きを高めることは、健康な

身体を維持するために欠かせないのです。

 

リンパマッサージの重要性がわかっていただけたでしょうか(・o・)?

 

関連記事

  1. カウントダウンあと3日!

  2. ごめんなさい。

  3. コロコロローラーで小顔になる?

  4. こんにちは

  5. 肌に悪い5つの食べ物

  6. お待たせしました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。