行楽シーズン 身体を冷やさないコンビニごはんの選び方

こんにちは。
副店長の日吉です。

ここ数日の暖かさで次々と桜が満開になったというニュースを耳にします。
お出かけするのに気持ちのいい季節になりましたね。

この週末にお花見やピクニックにお出かけされる予定のあなた。
手軽にコンビニでごはんを調達する方も多いと思います。
今日はコンビニでのごはん選びのポイントについてお伝えしますね。

春はデトックスの季節と先日お伝えしました。
女性で冷えを感じている方、非常に多いです。
身体が冷えているとせっかくのデトックスの季節、うまく身体が機能しません。

薬膳では食材には体を温めたり冷やしたりする性質があると考えられています。
身体が冷えてしまう原因のひとつに毎日のごはんのメニュー選び、食材選びが偏っている
場合が考えられます。
賢く選んで美味しく食べながら温活したいですよね!

Q1.サンドイッチ 卵サンドとフルーツサンド ならどっち?
A  卵サンド
果物や生クリーム、白砂糖は体を冷やします。
卵サンドはたんぱく質の量が多く、体が熱を多く作り出して体を温めます。
カレー味やコショウが効いたものはさらにGOOD!

Q2. おにぎり  昆布おにぎりとサケおにぎり ならどっち?
A サケおにぎり
サケはお腹を温めて冷え性の改善が期待できます。サケの赤い色素成分には
強い抗酸化作用があり、美肌にも良いです。
昆布は体を冷やす食材です。

Q3. 麺類 ざるそばとカレーうどん ならどっち?
A カレーうどん
うどんの主原料の小麦もそばも体を冷やしますが、カレーのスパイスには
体を温める性質があります。
タンパク質が多い魚、肉、玉などの具が入ったものを選びましょう。

Q4. サラダ ポテトサラダとカボチャサラダ ならどっち?
A カボチャサラダ
ジャガイモは体を冷やしませんが温めもしない「平」という性質を持っています。
一方、カボチャは体を温める食材で、豊富なビタミンEが血行を促進するのでよりおすすめです。
 (出典  日経ウーマン3月号 より)   

賢い選び方でうまくバランスをとって体を冷やさないようにしたいですよね!
素敵な週末をお過ごしください。

 

 

関連記事

  1. ついに登場します♡

  2. ツラい花粉症のケアご紹介します

  3. UVケアは今から始めましょう

  4. 花粉症対策・美容ケア

  5. 光脱毛ブログモニターS様 施術後1週間の様子

  6. 急に冷えましたねっ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。